ダイエットサプリは目的に合わせて選びましょう。

本当に痩せるサプリは存在するのか?

本当に痩せるサプリは確かに存在します。

とはいえ、1~2か月で劇的な変化を期待するならサプリだけでは不可能です。

ですが、太った原因に合わせて適したサプリを選ぶことで、より大きな効果を得ることができます。

ダイエットサプリは、自分に合った商品を選びましょう

ダイエットは、一生続く人生の同伴者のようなものです。

男女を問わず美しくて健康な体を夢見るのは自然なことです。とにかく実際にやってみてわかるのは、痩せるのは本当に易しいことではないということです。

困難なダイエットを少しでも楽にするために、世の中には多様な成分をもとに多様な製品達が開発されています。

長期間摂取しても負担が少なく、しかも効果が早いダイエットサプリや、ドリンクを、多くの人が探し続けているのです。

痩せるサプリが人気

ダイエットサプリ市場も一緒に成長しています。

大部分は、ダイエットした有名人を広告モデルにしていて、何カ月で何キロ痩せたという内容で人々の関心を集めています。

そして大変なマーケティング費用が掛かった製品を購買する結果になってしまうのです。

肥満は健康を害する

肥満は、糖尿病のように人の健康状態に異常をきたす原因となります。

体重が増えることで呼吸困難や関節痛といった問題を起こすこともあります。

心理的問題も相当に深刻です。太っていることで自信がなくなり、人との関わりを避けるようになってしまうこともあります。

肥満患者は心臓病や痛風などの合併症で苦労しやすいばかりか、がんにかかる確率も高まります。肥満なほど免疫力が落ちて病気にかかる危険が大きくなります。肥満は万病のもと、ともいえるでしょう。

リバウンドに注意

単純に痩せることだけに重点を置くと、その後のリバウンドや栄養不均衡による貧血、脱毛、便秘等の症状が現れるおそれがあります。多くの専門家は、ダイエットサプリを選ぶときには比較的体に無理なく、栄養を一緒に摂取できる製品を選ぶことを助言してています。

たとえばビタミンとミネラルを主成分として健康管理と体脂肪の減少すべてに一助となることができるようなサプリです。

リバウンドを経験したくなかったら、断食、絶食をするよりも適正量の栄養を摂取しなければいけません。米や小麦などの炭水化物を減らして野菜、果物の摂取量を増やして、食物繊維とビタミン、カルシウム等を摂取するほうが望ましいといえるでしょう。

食事制限と運動を並行すると、より痩せる目標に近づきます。ダイエット目標と個人の能力を考慮した運動は、エネルギー消費及び健康管理にも良いだけではなく、基礎代謝量を高めて体脂肪を減らすのに役立ちます。

本当に痩せるサプリは、人によって違う

考えなしでサプリを購入してしまって、本当に脂肪が減少すればよいのですが、それが自分に合わない製品だったなら、そのままお金だけ捨てることになってしまうことでしょう。

例えば、炭水化物中心の食事をしているなら炭水化物に効果的な成分を選択してこそ、その効能を最大限に生かせるものです。

糖質ではなく「脂肪」の吸収を抑制する効能を持った製品を選んでしまうと、その効果が十分に生かせないのは明らかでしょう。

そのため、一人一人がご自身の状況に合わせて、ご自身にあったダイエットサプリを選ぶことが重要です。

ダイエットサプリの種類と特徴

どの成分がご自身に合うのか、合理的に選ぶようにしましょう。

痩せる方法は、いろいろあります。

食欲を抑制する成分

食欲を抑制する方法です。

とても健康的で合理的な方法といえるでしょう。食費も減らすことができますね。

食事量を減らしながら自然にダイエットをしたい方におすすめします。

糖や脂肪の吸収を減らしてくれる成分

食べたい、でも痩せたいという方におすすめな方法です。

脂肪の吸収を抑制する薬もありますが、一般的に私達が使用できるサプリ成分は、キトサンと白いんげん豆抽出物などがあります。

キトサンは健康的な方法ですが、白いんげん豆は毒性をダイエットに利用する仕組みです。

カロリー消費を高めてくれる成分

代謝をアップして体重を減らす効果をあげる方式です。

エネルギーは人間が生きていくために消費するものなので、消費量が大きくなれば脂肪も多く落ちますし、もちろん、活力のある生活ができることでしょう。

エネルギー消費量を増やす健康的なダイエットだと思われますが、アクティブになれば食欲も増えるのが自然なことですので、これは注意が必要です。

筋肉量を高める成分

脂肪は減らして筋肉を増やす、とても理想的なやり方です。

すべてのダイエット成分にいえることですが、特に筋肉量をアップさせる性質の製品は必ず運動する必要があります。

勝手に脂肪を減らしてくれる成分

なんにもしなくても自動的に体重が減少していくのは、誰もが夢見る理想的なダイエットサプリでないかと思います。

脂肪への栄養供給を切って脂肪を減少させる方法や、脂肪分解を促進する性質の成分もあります。

脂肪生成を抑制する成分

脂肪の生成をはじめから抑制してあげるサプリも魅力的ですね。

脂肪が生成されないということは、これ以上太らないのと同じです。

ホルモン代謝に影響を及ぼしたりするなどして、脂肪の生成を防ぎます。

体形維持等の目的にサプリを服用するとすれば、こうな性質の成分がオススメです。

サプリで本当に痩せるのか?

大きな効果を期待していたのに、実際に飲んでみると全然瘠せなかった、という経験をお持ちの方は少なくないはず。

ダイエットサプリは本当に痩せる効果があるのでしょうか?

サプリだけで急激に痩せるのは難しい

体脂肪減少も炭水化物吸収を抑制するサプリも、脂肪の蓄積を抑制することはできます。

けれどもすでに蓄積されている脂肪を目に見えるほど減らす効果はないので、サプリの効果だけで急激に痩せようとする考えは危険です。

脂肪燃焼と基礎代謝量の維持を同時に行うダイエット方法でなければ、すでに肥満の状態を解決するにはむずかしいです。

薬なら痩せる?

極度な肥満を解消する目的なら、食欲の抑制する薬を処方されるほうがよいかもいれません。

でも、副作用が心配ですよね。

病院で処方する食欲を抑制するダイエット薬は、短期間の体脂肪減量をサポートしますが、長く服用するには健康を害するため、根本的な対策としてはオススメできません。

また、即効性があり明確な効果があるため、依存してしまう人が多いことが問題になることもあります。

脂質の吸収を抑える薬は、脂溶性の栄養素の吸収も妨げてしまい、長期使用で栄養が不足してしまう可能性があります。

薬をあまり長く服用するのは望ましくありません。薬は、どのように使うのかが重要です。

そのため、治療が必要と診断される肥満患者だけに処方されるものであって、誰でも処方されるわけではではありません。

医師の処方なく、やたらに薬を買って服用する行為は長い目で見ると健康を害する可能性があるため、特に注意しなければいけません。

サプリにも副作用がある

ダイエット薬に比べてサプリメントは使用に対する敷居が低いといえるでしょう。

サプリは食品として区分されるため誰でも購入することができて、不特定多数に作用しなければならないために副作用が深刻な成分が入っていません。

とはいえ全くないわけではありません。成分によっては体質に合わないこともあり得ます。

例えばガルニシアは、肝臓と腎臓に異常があるのなら避けなければならないですし、
共役リノレン酸は吐き気など胃腸障害が起こる可能性があります。
L-カルニチンは、一時的に嘔吐や腹痛、下痢が起こります。
緑茶抽出物も、血小板の凝固が阻害されるので、アスピリンやワルファリン服用者をはじめとして手術を控えた患者は摂取しないように注意しなければなりません。

サプリも、その作用を正確に把握して選ぶ必要があります。

本当に痩せるサプリは原因に合わせて選ぶ

サプリメントは処方薬ほど高い効果を期待することはできません。短期間で高いダイエット効果を得たいのなら、食事制限と運動を並行する前提でダイエット効果を期待しなければなりません。

ですが、肥満の原因を特定して原因に合ったサプリを服用すれば、より大きなダイエット効果が期待できます。

例えば、食事量を調節したいなら、満腹感をあげる水溶性の食物繊維のアルギン酸を、炭水化物の摂取量が多いなら脂肪への転換を防ぐガルニシアを摂取するという具合です。

脂肪の燃焼を助けるLカルニチンは、運動するときに摂取すると効果的です。脂肪の吸収を抑制する共益リノール酸は、脂溶性のため空腹時に摂取すると吸収力が落ち、食後に摂取するほうが吸収を上がります。

ダイエットに失敗する理由

見た目のスタイルを良くしようと、多くの人がダイエットに夢中です。

とくに肥満でない人も、健康上の理由で痩せるべき人も例外ではありません。問題は体重を減らすことが、見聞きする話ほど簡単ではないというところにあります。

世の中に溢れるダイエット情報を前に、人の心は揺さぶられてしまいます。間違った情報が事実であるかのように伝えられている場合も少なくありません。

やるべきことを知らなければ、ダイエットは常に失敗に終わります。

ダイエット停滞期とは

どんなに努力しても体重が落ちない期間を、ダイエット停滞期といいます。

ただ単に食事量を減らせば、人体は基礎代謝量が落ちて危機的状況に陥ります。新陳代謝が遅くなり、脂肪は簡単に消費されなくなります。減少した体重とともに、人体は少ないエネルギー摂取量に合わせて消費量も少なくし、エネルギーの均衡を合わせるためです。

この状態になると、食事量を少し増やすだけも体重がまた増えます。食事量を増やすからといって人体が基礎代謝量をそれに比例してくれるわけではないのです。

すなわち、食事量を減らせば体重は落ち続けるという考え自体が誤りです。苦しい食事制限を続けてもなかなか痩せず、諦めたとたんにリバウンドで太ってしまう、ということはよくあることです。

間違ったダイエットの危険性

過度なダイエットは抜け毛や精力の減退など副作用の心配も皮膚が荒れて髪の毛が抜けて精力が減退するなどの症状は、ダイエット副作用と言うより、間違ったダイエットをした結果です。

これらの症状は、むやみに食事を抜いたり、運動をしすぎると現れます。

正しくダイエットをすれば体がむしろ健康になり、肌状態も良くなります。

もちろん、この場合にも効果を上げるなら食事制限と運動を並行して行う必要があります。食事量を強引に減らす代わりに、炭水化物を減らして蛋白質を多く摂取すると良いでしょう。加えて運動することでダイエット効果は相乗的に高まります。

サプリで部分痩せは可能か?

女性のほとんどが部分痩せへの関心が高いです。でも本当に減らしたい腹や内ももの脂肪は、なかなか落ちませんよね。

体の一部、特に腕、わき腹、内もも、下腹などは、脂肪が簡単についてなかなか落ちない部位です。

一般的に食事量を減らすダイエットは顔や胸の脂肪が先に落ちます。単純なダイエット方法では、部分肥満を解消するのは難しいです。

もちろんサプリでも、運動や食事でも、部分痩せは困難です。

どんなに食べても太らない人は、本当にいるのか?

肥満は、最小で40%、最大で70%が遺伝に影響されます。父母が肥満ならば息子も太る確率が高いです。

けれども太りやすい遺伝因子を生まれついたとしても諦める必要ありません。間違った生活習慣と栄養管理、ストレスなど肥満を招く環境を改善するだけでも、肥満は十分に予防出来ますから。

反対に、「食べても太らない人」は本当にいらっしゃいます。

テレビで見かける大食いチャンピオンのような人たちもそうですね。彼らに共通しているのは腸内環境が異常に良いということです。脂肪の蓄積を促す悪玉菌が少なく、脂肪の蓄積を抑え燃焼を促す善玉菌が極端に多いのです。

ページのトップへ戻る